SEO対策の狙い

SEO対策が必要な理由

 インターネット初心者の方なら、なぜSEO対策を行うのか疑問に思うかもしれません。検索エンジンのトップに表示されることが、そこまで必要なのかと。それが必要なのです。ヤフーやグーグルに登録されているサイトの数は数え切れないほどあって、全てのサイトを見ることは不可能といえます。もしあなたが自分のホームページを作ったとして、それをヤフーやグーグルに登録したとしましょう。登録したのだから、多くの人に自分のホームページを見てもらいたいと思いますよね。しかし、そのホームページの順位が100位にすら入らない場合、検索エンジンを利用してインターネットを閲覧したとしてもあなたのホームページに訪れることはほとんどないと思います。つまり、上位に入らないサイトというのはインターネットを利用しているユーザーの目に触れる機会がないに等しいのです。

中にはブログなどのように日記を書くためや親しい仲間に見せるためにという個人的な理由の人もいるでしょう。個人サイトならまだいいのですが、これがもし企業のサイトだった場合を考えてください。もし、インターネットを利用して自社の商品を販売したいと考えます。そのためには、ビジネスサイトを作成、商品を掲載したページを作り、そして自社製品のアピールを図ると思います。そして、完成したサイトを登録したとしましょう。インターネットは世界中の人が利用していますから、多くの人に自社製品のアピールができ、それが売り上げ向上に繋がると思うかもしれません。しかし、そのサイトが検索エンジンの上位に位置していないのであれば、売り上げに繋がるような結果は期待できないのです。

商品がどんなに良くても、その商品を知らなければないのと同じです。商品を売るためには、認知してもらうために宣伝が必要になります。TVCMや雑誌の特集、新聞の広告欄などを利用して多くの人に知ってもらおうとするのです。インターネットでも同じこと。そのためにビジネスサイトを立ち上げたとしても、その商品を知ってもらわなければ意味がありません。ヤフーやグーグルを利用している人は、検索キーワードの上位30位までのサイトしか見ないといわれています。その順位以降は、人の目に触れる機会というのが少なくなっていくということです。商売される方にとって、それは死活問題といえるでしょう。そのためにSEO対策があるのです。SEO対策を行い、そのサイトがヤフーやグーグルなどでトップに表示されるようになれば、売り上げの向上にも繋がるというものです。ビジネスサイトの場合は、より多くの人にみてもらい顧客を増やしたいと思います。そのために、SEO対策が必要なのです。

SEO対策の本当の狙い

 SEO対策が、とても重要なことだというのはお分かり頂けたかと思います。SEO対策は検索エンジンのトップに表示されることだとご説明しておりますが、ただ上位表示されればいいというわけではありません。確かに上位に表示されることは必要なのですが、SEO対策を行うことはそれが手段であるだけで、本当の狙いは他にあるのです。検索エンジンを利用するインターネットユーザーが、自分のサイトに訪問してもらう流れとしては次のようなことが考えられます。

  • 検索エンジンを使ってキーワードの検索をかける
  • 検索された結果をもとに、表示されているサイトをクリックする
  • そのサイトの意図する目的が実現される

 ここで、SEO対策が発揮されるのは2の項目です。上位に表示されることにより、多くの人が確実にそのサイトを訪れることでしょう。検索エンジンを利用していると言うことは、キーワードを使って検索を行っています。もしあなたのサイトが家具を販売している会社なら、キーワードは椅子や机などの家具に関するキーワードを入力して検索しているのです。その人たちは、興味を持っているからこそ「家具」というキーワードで検索しているはずですよね。その人たちが、もしあなたのサイトに訪れれば商品のアピールにもなりますし、もしかしたら購入してくれるかもしません。それがSEO対策の本当の狙いなのです。SEO対策の一番の目的は、3の項目といえます。

3の意図する目的とは、商品を販売しているならその商品のアピールや販売、またイラストを描いているなら、そのイラストを多くの人に見てもらうための発表の場など、インターネットを利用する意味はサイトによって全く異なってきます。1の項目についても、同じキーワードでなければSEO対策を行っても意味がないでしょう。ビジネスサイトを運営する方の多くは、SEO対策=売り上げ向上と誤解されてる方がいます。あくまでもSEO対策は売り上げにアップに繋げるための手段であるため、SEO対策で売り上げがアップすることはないのです。SEO対策を行う前に、インターネットを利用して商品を売るためには何が必要なのかということを考えなくてはいけないのです。

Copyright (C) 2008 SEO対策マネージメント. All Rights Reserved.