SEO対策を行う前に

ビジネスサイトの意味を考える

 当サイトでは、SEO対策についてご説明しております。少しでもSEOについて興味を持って頂いて、今後SEO対策を行う予定があるのなら、まずその前に確認して頂きたいと思います。あなたがインターネットを利用してまで、そのサイトを作る意味とはなんでしょう。通常、サイトを作る目的は、広告だと思います。インターネットを利用して、より多くの人に自社製品のアピールをするための広告です。そのために、ビジネスサイトを作るでしょう。一般的に行われている広告は、多くの人に知ってもらってその反響を得るというのが目的です。しかし、多くのビジネスサイトに関しては、そのサイトを作るということが目的となってしまい、そのまま制作が進んでしまうことが結構あるのです。

SEO対策を行う前に、ビジネスサイトを作る意味を考えてみてください。あなたのサイトに訪れる人は、いくつを年齢対象としていますか?その人たちの職業は、どういったものですか?訪れる人たちの興味はなんですか?ビジネスサイトを運営するにあたって、こういったいくつかのパターンを考えてみてください。次第に、あなたはどのようなサイトを作りたいのかというのがイメージできるのではないでしょうか。SEO対策は、検索キーワードによってある程度依存します。その人たちの検索キーワードを考えていけば、どのキーワードに興味があるのかということが分かってくるでしょう。そうすれば、SEO対策も効率よく行うことができます。それに、サイトの訴求対象を確認すれば、ビジネスサイトを運営するにあたり、より確かなものとなっていきます。インターネットは広告が本質なので、ビジネスサイトを立ち上げる前にそのことについてもう一度考える必要があります。

検索エンジンの種類について

 SEO対策は検索エンジンのトップに表示されるように行う対策ですが、検索エンジンは会社が違うためにそれぞれのアルゴリズムによって順位を決定しているのはご説明した通りです。その中でも検索エンジンは、大きく分けて「ディレクトリ型」と「ロボット型」の2種類のタイプに分けることができます。

■ディレクトリ型検索エンジン

 ディレクトリ型検索エンジンは、ヤフーで使われていた検索エンジンです。過去形なのは、最近のヤフーの検索エンジンはディレクトリ型とロボット型の中間のようなアルゴリズムとなっているからです。このディレクトリ型検索エンジンは、各ディレクトリごとサイトを分けて各カテゴリーと一致する内容のサイトを手動で登録する方法です。ディレクトリ型検索エンジンへの登録は、まずヤフーに登録申請を行なって審査員(エディタ)によるサイトチェックに通らなければなりません。そのサイトに掲載されている文章の内容やホームページアドレス、サイト名や法律的に問題な表記がないかを確認するなど、さまざまなチェックを行い審査します。

審査した結果、特に問題が無いようなら申請したサイトは各ディレクトリ、カテゴリー別に登録されることになります。そのため、どんなに見た目がキレイで掲載内容も良くても、この審査に通らない限りは登録できないのです。そのため、このディレクトリ型検索エンジンをSEO対策の対象としては外しているところが結構あります。

■ロボット型検索エンジン

 登録申請を行なえば、スパイダーロボットまたはクローラーロボットと呼ばれるロボットが自動巡回型するのがロボット型検索エンジンの特徴です。特別な審査は必要なく、申請しておけば自動的に登録が完了するのでディレクトリ型と比べると簡単です。また特に申請していなくても、巡回しているロボットが検索対象として探し出し登録されるケースもあります。申請登録の方がスムーズに登録されるので、ロボットの検索対象にもなりやすいようです。それだけでなく、サイトに張られているリンクもある程度自動で拾ってくれます。例えば、サイトのページが100ページあったとしてトップページしか登録してなかったとしても、繋がっているリンクから他のページへと自動で検索対象として判断してくれるのです。SEO対策は、一般的にこのロボット型検索エンジンに行いますのできちんと特徴を把握する必要があります。

SEO対策の注意点

 もし、SEO対策を実際行ってみようと思っても、何をどうすればいいか分からないと思います。SEO対策は、結構幅が広いため迷ってしまうかもしれませんね。そのような方のために、当サイトは初心者でも分かりやすくSEO対策を行えるようにご紹介しています。少し知識をつければ、簡単なSEO対策はすぐに使うことができるでしょう。しかし、注意してください!SEO対策を行って難しいと感じたのなら、SEO対策をいったん止めることをお勧めします。きちんと理解しないままでSEO対策を行ってしまうのは、あなたのサイトにとってとても危険な行為となってしまう可能性があるのです。そのため一度SEO対策を止めて、また知識を集めることが必要でしょう。

なぜそのようなことを言うのか?それは、SEO対策の中にはとても難しい部分が含まれているからです。SEO対策には決まりごともあるので、理解していないと意味がないこともあります。その部分を理解しないままSEO対策を行うことは、そのサイトにとって逆効果になることもあります。それを知らずにSEO対策を続けてしまうと、検索エンジンからスパムサイト(悪質なサイト)と勘違いされてしまう可能性があるのです。そうなってしまっては、何のためのSEO対策なのかということにも成りかねないのです。

Copyright (C) 2008 SEO対策マネージメント. All Rights Reserved.