SEO対策のキーワード選択方法

ビッグキーワードの選択

 SEO対策を行う場合、サイトの内容と同じ、または類似した検索キーワードをビッグキーワードといいます。ビッグキーワードを選ぶにも、SEO的にもマニュアル化できない部分が多いため、さまざまな面から対策を行う必要があります。サイトを運営する上で、アクセス解析などでキーワードは長いスパンで解析することにより、次第に見えてくると思います。ビックキーワードを選ぶコツとしては、「頻繁に検索されるキーワードか」と「同じサイトが少ないキーワード」です。頻繁に検索されるキーワードかどうかというのは、キーワードアドバイスツールを使って測定することが可能です。そのツールにより、先月あるいは先々月のキーワードの検索回数を確認することができます。

同じサイトが少ないキーワードというのは、もし「家具」なら家具というキーワードを扱っているサイトが少なければ少ないほど、自分のサイトが上位に入りやすくなるということになります。ヤフーやグーグルでキーワード検索を行ったときに、キーワード検索結果のうち約何件中〜の件数を見て確認することができます。そのキーワードで検索した結果、表示されるサイトがが多いとSEO対策的にも難しくなるということです。これらの結果を踏まえて、KEI(キーワード有効性指標)と呼ばれるキーワードの有効度を確認するサイトがあります。

KEIは、検索回数^2/ 競合者数で計算することができます。計算した結果数値が大きければ、そのキーワードがSEO対策においても効果的なものだということが分かります。しかし、数値の計算はできるのですが、他の同じサイトのSEO対策に関わる部分までは計算に入れてないのが問題点といえます。10サイト同じキーワードのサイトがあったとして、KEIで確認すると検索キーワードはかなり高い数値で表示されます。しかし、SEO対策は計算には入っていませんので、10サイトある中でSEO対策が自分のサイトよりも強い対策が施されていたなら、あなたのサイトは10サイト中10位という結果になるでしょう。

KEIでキーワードの有効度を確認して、PageRankなどを使ってキーワード検索結果の上位サイトに施されているSEO対策の度合いを調べることも必要になります。また、頻繁にキーワードと一緒に検索される単語などをGoogle AdWords キーワード ツールを利用して調べることもできます。 頻繁にキーワードと一緒に検索される単語なども、SEO対策の面から有効度を確認して効果的なキーワードを選ぶようにしましょう。インターネット利用者が、どんな言葉を使って検索をかけるのか、いろいろ考えてSEO対策を行いましょう。

キーワードの出現頻度

 サイト内を占めるテキストの中でも、重要なキーワードが出現する回数を計算しものがキーワード出現頻度です。キーワード出現頻度は、特定キーワード出現数/総キーワード出現数*100」の方法で、計算することができます。キーワード出現頻度は、キーワード出現頻度解析などのサイトで簡単に確認できます。重要キーワードの出現頻度が高いサイトや、重要キーワードとの関連性が高いサイトを見て検索エンジンは順位付けをしています。重要キーワードで検索されると、検索エンジンのトップに表示される可能性が高くなります。

サイトのページ内に、より多くの重要キーワードを出現させることで上位表示されるようSEO対策を行います。ただし、あまりにも頻繁にそのキーワードが出現してしまうと、逆に検索エンジンはスパム行為と判断してしまうため、検索結果のトップに表示されなくなってしまうのです。SEO対策を行うにしても過度のキーワード出現は逆効果ですので、ある程度の出現頻度になるよう調整が必要です。スパム行為と見なされるよなキーワードは入れずに、テキストの中に自然な形でキーワードを入れるように心掛けましょう。その一例をご紹介したいと思います。

■代名詞を使わない

 「これ」「あれ」などの代名詞は、極力使わないようにしましょう。代名詞ではなく、名詞を活用することによりキーワード出現頻度を上げることができます。

■見出しにキーワードを絡める

 意図的にキーワード入れようとした場合、説明文中ではちぐはぐな文章になってしまう可能性があります。それよりかは、見出しにキーワードを絡めることにより、自然にキーワードを使うことができます。それにhタグなどの見出しにキーワードを絡めれば、html的にもSEO対策を施すことになります。

■主語を省略しない

 主語に含まれるキーワードの出現頻度を上げるためには、主語を省略しないでテキストを記述する必要があります。そのため、主語に重要なキーワードが含まれているのなら省略せずに記述しましょう。

Copyright (C) 2008 SEO対策マネージメント. All Rights Reserved.