検索エンジン別のSEO対策

ヤフーのSEO対策

 日本国内で最大のアクセス数を誇るヤフーの検索エンジン「YST」。この検索エンジンのSEO対策を行うことは、ビジネスサイトを運営している方にとっては売り上げ向上に繋がります。ヤフーで検索エンジンのトップに表示させるには、サイト内のテーマを統一させることがSEO対策となります。ヤフーの検索エンジンが判断基準として、テーマの統一性を重要視しているようです。

例えば、SEO対策をキーワードに扱っているサイトならば、全てのページはSEO対策に関するページでなければいけません。メタタグやタイトルタグは当然のことながら、hタグなどの見出しもSEO対策のキーワードで統一しなければならないのです。ページにリンクされているもので、SEO対策に関連性がないものは有効なリンクとはいえません。SEO対策に関するリンクがあることで、キーワードに対する関連付けがいっそう強くなるのです。被リンクなどの外部対策も重要で、同じテーマのサイトよりかは、同じSEO対策のキーワードを扱っているサイトからのリンクが有効なSEO対策となります。

同じキーワードで対策を行っていて、かつそのサイトがヤフーの検索エンジンで上位に表示されるようなサイトなら、そのリンクはとても有効なSEO対策となります。サイト内のリンクと他のサイトからの被リンクが統一していることで、ヤフーの検索エンジンからは重要なキーワードを含むサイトとして高い評価がもらえるのです

SEO対策を行うときに、個性豊かな文章で記述するように意識してみましょう。ヤフーのみならず、ロボット型検索エンジンはそのようなコンテンツに高い評価をします。SEO対策でキーワードの出現頻度を調整する際、少し意識してみると効果がでますよ。ヤフーで検索エンジンのトップに表示させるには、SEO対策での高いセンスが必要になります。それと含めて、サイトの統一性や被リンクなどを意識したSEO対策を心掛けましょう。

グーグルのSEO対策

 グーグルの検索エンジンでトップに表示させるようなSEO対策とは、グーグルが好むサイトを作るのことが必要になります。グーグルでは、順位の判断基準としてキーワードの接近度を見ます。ページ内でのキーワード間の近接度も、グーグルは分析しているのです。キーワードの近接度によって順位付けを行なっていますので、一箇所にまとまっているキーワードが優先されることになります。これは、無意味な結果を省くための理由も含まれているのです。

キーワードを近づけることにより、グーグルでの上位表示を狙うことができます。メインキーワードとサブキーワードを文章の中に上手に近づけさせることで、SEO対策を行うのです。ただし、キーワードを羅列することはスパム行為と見なされる可能性がありますので、自然な文章になるように心掛けましょう。

Copyright (C) 2008 SEO対策マネージメント. All Rights Reserved.