SEO対策の種類

2つのSEO対策

 SEO対策の種類は細かく分けるといろいろありますが、それらをまとめると大きく二つの種類に分けることができます。それは、サイトの内部に施す対策と外部によるSEO対策の2つです。SEO対策を行う上で、この「内部対策」と「外部対策」は重要な項目となります。「内部対策」と「外部対策」をバランスよく行うことで、SEO対策は成り立っています。では、「内部対策」と「外部対策」についてご説明したいと思います。

■内部対策

 内部対策とは、サイト内やサーバ内、またはそのサイトのページに施すことのできる対策のことです。もう少し分かりやすくいうと、重要なキーワードを入れたり、ソースコードを修正したり、SEO対策的に効果的な作業を自分の手で行うことができる範囲の対策のことになります。SEO対策に関する知識や技術のほとんどが、この内部対策の範囲に含まれます。

■外部対策

 外部対策とは、サイト内やページにではなくその名の通り外に対して行なうSEO対策のことです。そのため、自分では直接対策を施すことのできない部分が多いといえます。外部対策の対策とは、一般的にはどれだけ他のサイトからリンクをもらっているかということになります。大手企業や他のサイトに、自分のサイトのリンクを直接張ることは自分の手では行えません。了承をもらって、相手にリンクを張ってもらうということになります。自分自身ではできないリンクの対策を行うことが外部対策なのです。
SEO対策で検索エンジン最適化を行うことは自分のサイトだけではなく外部からの要素も大きく関わっているといえます。

内部対策と外部対策の重要度

 内部対策と外部対策の2つから、SEO対策は成り立っています。バランスよく行うことがSEO対策的にも効果的なのですが、実際SEO対策上、とちらが重要な対策になると思いますか?SEO対策を行う上では、外部対策が最も重要な対策に位置します。もちろん「内部対策」も「外部対策」も両方行う必要があるのですが、重要度から言う外部対策に比重を置いたSEO対策が必要です。その理由としては、内部対策はソースコードを修正したりキーワードの出現頻度を高めたりと、自分で行うことのできるSEO対策ですよね。そのため、時間があればいつでもSEO対策ができるということです。もし、全てのサイトが同じSEO対策を行なったとしたら、内部対策での順位の決定基準がほとんどないということになります。簡単に不正が行なわれてしまうため、ヤフーやグーグルが内部対策におけるSEO対策を重要視することは考えられないのです。検索エンジンの判断基準としては、基準が難しければスパム行為などの不正による順位変動を押さえることが可能となります。そのため、重要視されるのは内部対策よりも外部対策ということになるのです。

外部対策でも、検索エンジンが判断する基準は2つあります。判断基準の一つとしては、リンクの数です。検索エンジンは、どれだけ他のサイトから多くのリンクをもらっているかということを重要なこととして判断します。そしてもう一つが、質の良いサイトからのリンクです。グーグルの検索エンジンの場合、PageRank(ページランク)の考えがこれに該当します。グーグルは独自の判断基準のもと、各サイトに対してランク付けを行なっています。0から10のランクの中で、より高い数字にランクされているサイトからリンクをもらっているかどうかを重要と見なすのです。もし、PageRank10のサイトからリンクをもらっているということになれば、検索エンジンはそれだけ高いランクのサイトからリンクをもらっていると判断するのです。そうなれば、PageRankも高く評価され検索エンジンの上位に表示される可能性も高くなります。結果、SEO対策で重要なのは外部対策となり、外部対策はリンクだということになります。とても重要なSEO対策となりますので、せひ覚えておきましょう。

Copyright (C) 2008 SEO対策マネージメント. All Rights Reserved.